よい姿勢とは?

健康情報

こんにちは!岡山市北区でがんばる女性を元気にする整体院ふくろう堂の鳥越です!

今日は姿勢についてのお話です。

姿勢が悪いと何が問題なのか?

例えば、バットをこんな風に持ってみます。

姿勢イメージ①

この状態だとバットの重さが腕にかかり腕がプルプルしてきますね。

では次にバットをちょっと立ててみます。

姿勢イメージ②

すると腕への負担が少し減ります。

しかし、筋肉に負荷がかかっているのは同じです。

では三枚目この状態ならどうでしょうか?

姿勢イメージ③

バットを支える力はいりません。

受けている掌でバランスとってやるだけです。

これが姿勢が悪い時と、いい時の違いです。

身体の芯、武道では「正中線」と言います。

この身体を上下にまっすぐつなぐ線が崩れると一枚目や二枚目のように身体のあちこちに余計な力がかかります。

一瞬ならば気にすることもないかもしれませんが、長時間このままだと筋肉の緊張状態が続き、コリやハリとなって身体を歪めていきます。

姿勢が良ければ身体のあちこちに余計な力みがなくなり、常にリラックスした状態が維持できます。

無駄に緊張してない身体はいざという時に自由に動けます。

とっさの時にも反応できるので日常的な怪我なんかも少なくなります。

良い姿勢とは、リラックスした自由な姿勢でもあるんですね^^。

 


健康情報の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ