掌があたたかくなりついでにお通じが良くなった話【すわいしょう】

健康情報 自己療法

こんにちは!岡山市北区でがんばる女性を元気にする整体院ふくろう堂の鳥越です!

施術をしていると「先生の掌はあったかいですね~」と言われることがあります。

「気が出てるからですか?」と訊かれることもあります^^

どうなんでしょうか?

僕が中学、高校生の頃は『ユリ・ゲラー』を代表に空前の超能力ブームが巻き起こっていました。

残念ながらスプーンを曲げることは出来ませんでしたが、『気』というモノに興味を持ち、一人で気功や、仙道(仙人になる術)の練習をしたことはあります。

だから、もしかしたら『気』が出てるのかもしれませんが、自分自身で確証が無い以上「わからない」としか言い様がないですね(^^;;

でも、ホントに「気」が出ててそれが少しでも回復の役に立ってたらいいな~とは思います^^

でも手があったかいのは、施術中は掌の感覚に意識を集中するから血流が良くなるのだと自分では解釈しています。

で、今日は手を温くする方法です。

一般的には手を擦ると暖かくなりますが、今日お話しするのは気功の一種です。

と言っても怪しくないですよ^^

『すわいしょう』といわれる練習法です。ちなみに僕は初めてこれをした時になぜか下痢になりました(汚い話で申し訳ありません)

簡単に言うとこんな感じ↓でひたすら腕を振ってるだけ。

すわいしょう

肩の力を抜き、腕をぶらぶらぶらぶら…。

続けていると段々と掌の血流が良くなり掌が暖かくなってきますよ。

初日は夕方500回位ふってみました。

するとその夜、いきなりお腹がゴロゴロとなって下痢に。

この「すわいしょう」今まで来院された二人の方にお教えしたのですが、二人とも「ホントに下痢になった!」「お通じが出た!」と言われてました。

気功の効果というより腕の振幅が腹筋への刺激になったのかもしれませんが、便秘気味の方には効果があるかもしれませんよ。最初は50回位から試してみてください。感想もお待ちしています。

 


健康情報 // 自己療法の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ