寝返り、うててますか?

健康情報

こんにちは!ふくろう堂の鳥越です!年末はスターウォーズが観たいです。

今日は、寝返りについて。

子供の頃のことを思い返すと・・・かなり寝相が悪かった。

ベッドから落ちたのも一度や二度ではないと思います。

朝起きたら上半身だけ床に落ちて、足はベッドの上だった・・・なんてこともありました。

子育てをされた方は心当たりがあると思いますが、子供の寝相は本当にすごいですね。

そもそも、寝返りにはどんな役目があるのでしょうか?

それは、一日を通して身体に染みついた「歪み」を直そうと身体が勝手に動いてくれているのです。

まさに全自動です。

あまりに激しいと睡眠が浅くなり疲れが抜けにくくなり回復が遅れますが、ある程度の寝返りは身体にとって必要なんですね。

寝返りと密接な関係があるのが枕をはじめとした寝具です。

時々、「どんな枕が良いんですか?」と訊かれますが、ふくろう堂では低反発のまくらや寝具はあまりお奨めしていません。

低反発の枕や、敷き布団は身体の形に添うので身体に良いと思われるかも知れません。

身体に添う⇒ここが要注意です。

固めのマットレスなどなら反発しますが、低反発に寝具に寝ると逆に身体は沈む込みます。

身体が寝具に沈み込むと、丁度くぼみに嵌まった車のタイヤのように、ごろんと転がって租手に出ることが困難になります。

そうなると、沈み込んみ寝返りが打てない身体はそのまま、朝を迎え体の歪みを翌日に持ち越してしまうのです。

寝るときはなるべく低反発は避けましょう。

しかし!

来院されている方の中には「ウォーターベッドにしてから腰痛が良くなってね~」と言う方もいます。一概に否定もできないのかな?というのが正直な僕に意見です。

 


健康情報の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ