バネ指【岡山市 50代女性】

ばね指 症例

こんにちは!ふくろう堂の鳥越です!マイブームは入浴中の瞑想です。

今日は「ばね指」の症例です。

「ばね指」とはどんな症状でしょうか?

曲げた指を伸ばそうとしてもスムーズに伸びずひっかかり、ばねが伸びるようにパン!と伸びる。

指を曲げ伸ばしすると痛みがあり、症状がひどいと、指が曲がったままで反対の手で動かさないと伸びなくなったりします。

どちらかというと、女性に多くみられるようです。

来院されたTさん(岡山市中区 50代女性)はもともと肩こり・首こり・腰痛・バネ指での来院でした。

腰痛などは初回でかなり楽になったようでしたが、ばね指の痛みは最初の痛みレベルを10としたらレベル8とわずかな改善。

その後、定期的に来院され身体のメンテナンスをしながらばね指の改善に・・・。

ばね指は、掌側の指を曲げる筋肉の腱に起きる炎症です。

指を曲げる時の関節を動かすための〝腱”を指に沿わせるためにトンネルのような形で腱鞘が包んでいます

腱に炎症が起こり腫れる事でトンネルにひっかかり通りが悪くなります。

引っ掛かった腱がムリに通ることでパンとバネが弾けたような動きになるのです。

施術は、指の腱の炎症を緩めるアプローチをしたのですが、思う様な結果が出ませんでした。

そこで、指ではなく、手首から肘、肩までの関節の歪み、特に肘から手首の橈骨と言う骨の調整をしました。

すると、橈骨調整後、「あら?痛くないわぁ!」と指を曲げ伸ばし。

数回のアプローチで変化が無かった「ばね指」が1回の調整で痛みが消えたようです。

痛みが出ている場所(症部)が必ずしも、痛みの原因の場所(患部)は違うと言う事でした。

08109bf237f3df4aca8c926558c7ef45_s


ばね指 // 症例の最新記事

ブログカテゴリー
月別アーカイブ