インフルエンザ予防には加湿!

健康情報

こんにちは!岡山市北区・腰痛改善整体院ふくろう堂の鳥越です!

最近、院のエアコンの効きが悪いです。

で、そういえば年末にエアコンのフィルターを掃除するのを忘れていました。

そこで朝一番にフィルターの掃除。

フィルターを取り付けてみると、エアコンの風が体感で1.5倍くらい強くなりました。

室内が暖まる速度もはやいはやい^^

しかし、そのせいか湿度が下がりがちに・・・

風邪やインフルエンザの予防には適度な湿度が必要です。

今日来院された方も、「今年の冬は加湿器を買って使ってるおかげか、子供たちが風邪を引かないです!」と言われていました。

厚労省のHPでは「適度な湿度の保持」として以下のように書かれています。

ここから↓

 空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

↑ここまで

湿度50%ですか~。ちょっと足りないですね。ふくろう堂にも、もう一台加湿器が必要なようです。


健康情報の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ