「立っているとつらい、歩いてるのもつらい」

坐骨神経痛 症例

こんにちは!がんばる女性を応援する整体院ふくろう堂の鳥越です!

昨日、お尻から大腿部裏側にかけての痛みの症例を投稿しましたが、実は最近この痛みの方が多いんです。

なんででしょうか?

時々、こんな風に、同じような症状の方が重なることがあります。

これとは別に、姓は違うけど名前が同じ方が3日連続で予約が入ったこともありました。

不思議な事もあるもんですね~。

さて、今日も昨日に続き「腰、大腿裏側から足先までの痛み?シビレ?」の症例です。

痛みの出方が似ていても、原因は違う。

当たり前、って言えば当たり前か。

赤磐市40代女性 Hさんの症状です。

右臀部から指先までしびれた様な痛み。

20年前にヘルニアと診断され、その時は牽引治療で回復したそうですが、完璧に痛みが消えた状態ではなかったそうです。

こうした症状は病院で「ヘルニア」と診断されることが多いんですが、中には「手術をしたけど良くならなかった・・・」と言う方も来院されます。

Hさんは「立っているとつらい、歩いてるのもつらい」状態。

問診の後、まずは全身の歪みチェック。骨盤がゆがんでますね。

多分、これはあそこだな。と、おおよその原因を推測。

いつものように標準アプローチ法で全身を調整。

で、推測した患部をちょっとだけ集中施術。

立位の痛み検査で背屈(からだを反らす)動作と左右回旋(ねじる動作)で痛みが出ていたのですが、施術終了後同じ動作をしてもらうと・・・

「あ!痛くない!うれしい!」と喜んでもらえました。

でも痛みは軽減してるけどレベル10から5。

まだ半分ですね。

それでも長く続く痛みが一回の施術で半減すると希望が見えてきます。

自己療法をお教えして終了しました。

 


坐骨神経痛 // 症例の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ  

岡山ふくろう堂について

住所岡山市北区大和町2-4-30 スペイン通り一階中南
予約完全予約制とさせていただいております。予約時間の5分前までにお越しください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話086-222-5380
営業時間10-19時(受付は18時まで)
定休日日曜日・祝祭日