座ってたり、前傾すると痛い腰【岡山市北区 20代女性】

未分類

こんにちは!岡山市北区でがんばる女性を元気にする整体院ふくろう堂の鳥越です!

今日は腰痛の症例です。

岡山市北区の20代女性Uさん。

腰の痛みと頭痛での来院でした。

s腰

長時間座っていると腰が痛くなるのですが、問診の間特に痛みは出でてきませでした。

施術前の検査では前傾姿勢をすると痛みがでる。

腰の痛みと一口に言っても、右なのか左なのか真ん中なのか?

背中の方なのかお尻の方なのか?

漠然と痛みを感じても本当に痛むポイントが良く解らない方は多いようですね。

身体をあれこれ動かすことで「どんな動作」で「どこに」痛みが出るのかを確認していきます。

Uさんは前傾で右側に痛みが出てました。

まずは標準アプローチ法で全体の歪みを調整します。

ふくろう堂の施術には基本となる「標準アプローチ法」と「応用手法」があります。

最近は「応用手法」であれこれするよりもその人に合った、動き、速度、接触圧で丁寧に「標準アプローチ法」を施術した方が効果が上がる事に気づきました。

何事も基本が大事ですね。

話がそれましたが、Uさん一回目の施術では前傾時の痛みはなくなってました。

二日開けた2回目の施術前にはやはり痛みは戻ってましたが、以前よりは痛みの度合いは軽くなってました。

一日開けて3回目。

「今朝から首が痛い」と言ってましたが腰の痛みは改善。

施術中、「足のむくみがとれやすくなった」「朝も身体が軽い」と。

施術後は頸の痛みも改善し、継続施術は終了。

メンテナンスのご予約をされて帰られました。

最近、施術後の痛みに注目するあまり、痛みの変化(少しでも痛みが減少している事)を伝え損ねることがあったのでUさんの施術は初心・基本を思い出すきっかけになりました。

来院者さんに学ばせて頂いてます。

Uさん良くなって良かったですね^^


未分類の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ